会社の設立後も

メリット会社設立を税理士の方に依頼すると様々なメリットが期待できます。例えば、会社設立時に重要になってくる給与計算のやり方であったり、社員を雇う手続きのやり方などのアドバイスを貰う事ができます。人員がいなければ会社として成立できません。この部分がしっかり出来ていると離職率を下げる事も可能となってきますので、会社を設立する段階でアドバイスを貰う事ができるのはとても大きなメリットだと言えます。他にも領収書や請求書の整理の仕方を教えてくれたり、複数ある会計ソフトの中からコストパフォーマンスの高いソフトを教えてくれたり、会計ソフトの使い方なども教えてくれます

他にも不定期で入る可能性のある税務調査などで会社の代理人として対応してもらう事ができたり、融資を受ける時に必要な資料を用意してくれたり、融資額や融資のタイミングなど会社の根底ともなる部分のアドバイスをしてもらう事も可能となっております。税理士の方の仕事として有名な青色申告の届出をする事による優遇措置であったり、消費税の還付を受けるための税務の届出、役員報酬の変更など細かな部分もアドバイスをしてくれたり代行してくれます。いずれお願いするのですから、会社の設立前から契約しておくのもメリットが大きいと言えます。